【狭い場所でも利用可能】自走型振動篩機を会社に導入しよう

記事リスト

プラスチック再生を効率化

重機

破砕機と押出機が一体に

家電製品や雑貨類から衣類・ペットボトル・袋類まで、プラスチックは日常生活の多彩な場面で使われています。それらのプラスチック製品を作る際には目的に応じた原料の成形加工がを行う必要があるため、いろいろな原理を応用した成形機械が存在します。立体的成形に向いた圧縮成形や各種の容器を作るのに利用される射出成形はその代表的な例ですが、押出成形はフィルムやシートのような薄い製品の製造に最適です。押出機と呼ばれるプラスチック成形機械は口金部分の形状を変えることによって、チューブやパイプといった中空構造の製品を作ることもできます。一般廃棄物や産業廃棄物に含まれる廃プラスチックを再利用する際にも、原料を破砕処理することで押出成形による製品化は可能です。従来は破砕処理と押出成形を別々の工程で行っていたため非効率的な面もありましたが、一億社の開発したプラスチック用再生機を使えば作業が効率化されます。押出機メーカーとして定評がある一億社はプラスチック再生分野も得意としており、破砕処理を行うシュレッダー部と押出機が一体化した製品を開発しました。一億社製のプラスチック再生機を使えば廃プラスチックの粉砕処理から乾燥処理を経て、押出溶融に至るまでが1台の機械で完結します。各種ポリエチレンやポリプロピレンといったフィルム状の樹脂だけでなく、ペットボトルの材料となる樹脂もこの機械で製造可能です。対応できる形状としてもフィルムやシートに加え、不織布や発泡スチロール・容器に至るまで多種多様な製品が含まれます。製造の過程では異物も随時除去する必要がありますが、その際に使われるスクリーンには自動逆洗機能が備わっているため異物を自動的に除去できる点も見逃せません。このように一億社製のプラスチック用再生機は作業効率を徹底追求した設計がされているため、廃プラスチックのリサイクルに取り組む多くの処理施設で導入が進んでいます。

Copyright© 2018 【狭い場所でも利用可能】自走型振動篩機を会社に導入しよう All Rights Reserved.