【狭い場所でも利用可能】自走型振動篩機を会社に導入しよう

記事リスト

プラスチック再生を効率化

重機

プラスチック製品を製造するには圧縮成形や射出成形・押出成形など、目的に応じてさまざまな工法が使われています。中でも押出成形はフィルムやシート・パイプなどの製造に使われ、廃プラスチックのリサイクルにも最適です。一億社の製品は破砕機と押出機が一体となっているため、プラスチックの再生処理が効率化されます。

詳しく見る

ダメージがあってもOK

工事現場

大阪には、いくつかの中古機械買取業者があります。多くの取引実績がある為、機械の価値を正しく判断してくれます。小型機械や大型機械などの買取を行なっており、出張買取や宅配買取を行なっている業者も少なくありません。なので、不要な機械の保管や管理に悩んでいるのであれば、業者に査定へ来てもらいましょう。

詳しく見る

粉末等の異物除去を効率化

作業員

製造業や廃棄物処理・公害対策といった業種では、粉末や混合材料から異物を除去する目的で振動篩機が使われています。安価な手動篩機と比べて電動式の振動篩機はふるい分け作業も効率的ですが、購入費用は高額になりがちです。振動篩機などの特殊機械はメーカーや仲介サイトに問い合わせることで価格を知ることができます。

詳しく見る

特殊機械の業者で有名

重機

特殊機械を製造販売している会社として一億社が挙げられます。日本の企業ではないものの、プラスチック再生機などは日本でもよく使われており、知名度は高いと言えるでしょう。よって、業者間で購入や導入されることがあります。

詳しく見る

特殊機械の売却方法

工事現場

工作機械やフォークリフトなどの特殊機械は、大阪市内の工場や建設業者・運輸業者でも需要が大きいものです。大阪市内にはそうした中古機械を扱う買取店も多くありますので、利用の際には事前の情報収集が欠かせません。メールフォーム等を利用した簡易査定を経て、訪問買取の場合は現地査定で詳細な買取価格が判明します。

詳しく見る

自走式の人気が高い

作業員

狭い場所でも動作可能

建設現場で発生した副産物であるガレキや残土を建設資材としてリサイクルするには、事前処理として選別や粒度調整が必要です。この事前処理をスクリーンと呼びますが、従来はスケルトンバケット付きのバックホウを使って行っていました。従来の方法では副産物の量が少ない場合は、バックホウと人出によって選別をすることができますが、粒度が揃いにくく、量が多くなると処理速度が追いつきません。そこで振動篩機を使うことによって大量の残土が発生した場合でも、短時間で処理をすることができるようになりました。振動篩機の中でも現在人気になっているのが、自走式の振動篩機です。何年も継続する現場であればプラントを設置した固定式の振動篩機を使ってもよいですが、近年の工事現場は効率の良い重機が使われることによって工期が短縮され、重機もコンパクト化しているのでスペースも最小限になっていることが多く、プラントを建築する場所を確保することも難しくなっています。自走式の振動篩機であれば、現場が変わっても自走して移動することができ、設置や撤去も簡単なことから現場での評判も高くなっています。トンネル工事はたくさんの土砂が出ますが、トンネルのような狭い現場であっても、自走式の振動篩機であれば現場の近くまでいって使うことができるので、運搬の費用を削減することができます。主にディーゼルエンジンによる動力を使って網を振動させることによって効率良く、残土をふるい分けて、目的に応じた粒度調整をすることができます。

Copyright© 2018 【狭い場所でも利用可能】自走型振動篩機を会社に導入しよう All Rights Reserved.